FC2ブログ

(新)セラピスト姉妹の気まま日記 Cerise

世田谷区深沢(桜新町・駒沢)隠れ家エステサロン<Cerise★セリース>。 サロン情報やアロマテラピー、セルライトケア、趣味のヨガなどセラピストHIDEYOとAYAKOが気ままに書き綴っています。

TOP >  美と健康情報 >  ホルモンバランスにアロマテラピー

ホルモンバランスにアロマテラピー

HIDYEOです。

「いつまでも若々しく、元気でいたい」という願いは多くの女性がもっていらっしゃると思います。

ある本を読んでいると
「人間の体には100種類以上のホルモンがあるが
一生のうちに分泌するホルモンの量はわずかスプーン1杯。」


こんなにすこしでなんて大きな影響をもっているのか!と驚いてしまいますよね。

ホルモンの一部(女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンなど)は年齢とともに減少していきます。
減っていくのはしかたないとしても、むやみに減らさないためにはごく当たり前な「規則正しい生活」を送ること。

「質のよい睡眠」
特に昼夜逆転の生活はホルモンバランスを乱す可能性が大きいと専門家の一致した意見です。
ゴールデンタイムといわれる23時~2時は、
成長ホルモンが活発になる時間なのでこの時間に眠りにつくように心がけたいですね。
「お肌や細胞が元気になるので寝ましょう」とお伝えするとみなさん実行してくださいます(笑)
太陽が昇り日差しを浴びて起床する生活、早寝早起きをめざしてみましょう。

「ストレスをためない!」
ホルモンを出すように指令する視床下部はデリケートでストレスに弱い場所です。
ストレスがかかると副腎皮質刺激ホルモンを下垂体に分泌し、副腎皮質からコルチゾールがでます。
このコルチゾールがストレスがかかっているサインとなります
日常生活の中で多少のストレスは付きものですよね。
ストレスに対して深刻になり過ぎないよう上手にお付き合いしたいです。
ストレス軽減にアロマやオフロタイム、好きなことをする時間にと「自分へのご褒美、癒しの時間」を楽しみましょう。

ストレスと上手に付き合うために「アロマテラピー」が大活躍してくれます。

香りをかぐと
エンドルフィン、セロトニン、アドレナリン(脳内の神経伝達物質)などが分泌されるといわれています。
これらは情緒の安定や心を落ち着かせてくれます。
精油の香り成分が視床下部に働きかけて免疫系を強化して、内分泌系(ホルモン)のバランスを整えてくれます。
精油にはたくさんの種類がありますが
好きな香り、心休まる、お気に入りの香りをぜひ見つけてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世田谷区・桜新町・アロマテラピーサロン(ホルモン治療中に、ホルモンバランスの調整に)
「隠れ家サロン セリース」
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する