FC2ブログ

(新)セラピスト姉妹の気まま日記 Cerise

世田谷区深沢(桜新町・駒沢)隠れ家エステサロン<Cerise★セリース>。 サロン情報やアロマテラピー、セルライトケア、趣味のヨガなどセラピストHIDEYOとAYAKOが気ままに書き綴っています。

TOP >  美と健康情報 >  溜めない身体 (アーユルヴェーダ)

溜めない身体 (アーユルヴェーダ)

HIDYEOです。

アーユルヴェーダの本を読んでいると

「アーマの蓄積は単なる食べすぎからも起こる。
アーユルヴェーダでは、食事の際には胃袋の三分の一を個体で、三分の一を液体で満たし、残りの三分の一は空けておくべきだと教える。
このように胃に余裕を持たせておけばドーシャは自由に動くことができ、食後に腹が重くなって動作が億劫になったりしないものだ。」

△アーマ・・・未消化物、残留物。

「人間の体には大小あわせて無数の脈管が通っている。
消化器官もそうなら血管もそうであり、リンパ管や神経繊維もまたそのうちに数えられる。
これらが正常に働いていれば健康は保たれるが、アーマはたとえば血管におけるコレスロールのような形をとって、体内の脈管を詰まらせる。
その結果、栄養や体液の流れが阻害され、あるいは完全に詰まってしまったり、誤った経路を流れたりすることになるのだ。
こうして、病気に対する免疫力はアーマにより著しく阻害される。」

日本でも昔から「腹八分目」とはよく聞きますよね。

確かに、食事を控えめにしている方が
身体が軽くて快適に過ごせます。
特に、ヨガをしているとこの身体の感覚がよく分かります。

いつも軽やかな身体でいるのは
なかなか難しかったりしますが(笑)

年末年始で食事する機会が増えるので
夜だけでも控えめに”お味噌汁”だけにする日を作るのもいいかもしれません。

「バランスよく控えめに」ですね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世田谷区・深沢・桜新町(デトックス
隠れ家サロン セリース
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する