FC2ブログ

(新)セラピスト姉妹の気まま日記 Cerise

世田谷区深沢(桜新町・駒沢)隠れ家エステサロン<Cerise★セリース>。 サロン情報やアロマテラピー、セルライトケア、趣味のヨガなどセラピストHIDEYOとAYAKOが気ままに書き綴っています。

TOP >  美と健康情報 >  タラソテラピーのお話「フランスでは100年も前から」

タラソテラピーのお話「フランスでは100年も前から」

HIDEYOです。

今日は「タラソテラピーの始まり」のお話。

海水と生命・健康の関係について知るには
100年も前にフランスで「免疫治療法」を世界に先駆けて実践した
一人のフランス人、生理・生物学者の存在に触れないわけにはいきません。

その名は「ルネ・カントン」

カントンの考えた海洋療法と免疫の関係を簡単に説明すると、、、
彼は免疫機構は動物の内部環境(体液)の状態によって左右されると考えました。

脊椎動物は大量の体液を体内にもっています。この体液のなかに全ての細胞が浸されています。
内部環境が完全な状態であれば細胞は充分に機能できますが、
逆に内部環境のバランスが乱れれば細胞は衰えて機能も低下しさまざまな器官も害されます。
そこで「海水」の威力が発揮されます。

カントンはまず、あらゆる脊椎動物の内部環境は生命の起源である海洋環境に酷似していることを証明しました。
脊椎動物の体液と海水の組成を比べたところ、どちらにもさまざまな微量なミネラルや金属がそんざいすることがわかり、この2つの液体が質的に同じ物であると結論づけました。
海水の中で誕生した生命は、同じような環境を自分の細胞の周囲に再び作り出すことで細胞を最大限に活性化させるのです。

免疫が低下して病気になった状態の体は、
体液のミネラルバランスが不足しているか、あるいはミネラルバランスが崩れています。
そこに、ある特定の条件下で採取され自然製法によって調整された海水を注入することで乱れた体内環境を復元します。すると、体内のミネラルバランスは回復され白血球(とくにリンパ球)は免疫の主役をつとめる細胞ですから、これによって免疫機能が改善、強化されます。
その結果、ホメオスタシスは正常化し病気が治るというわけです。

彼は、体内環境のバランスの乱れ(ミネラル不足、ミネラルバランスの乱れ)を調整して、からだ全体を活性化すれば病気も治ると考えました。

これは、免疫力の働きを強化してどんな病気も防いで直すという免疫療法の考え方です。

・・・・・ ルネ・カントンの海水療法「最強の免疫」より抜粋。 ・・・・・

海辺を歩いているだけ元気になった経験はありませんか?
それは、蒸発した海水のミネラル成分を体内へ取り込んでいるから。

東京ではそのような環境は難しいですが
ミネラルを意識して生活してみると、いままで気づけなかったことがありそうですね。

毎日海辺に行けない私は、、、
フィトメールの「オリゴメール」でミネラルをたっぷり補給しています♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世田谷区 「隠れ家サロン セリース」
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
まとめtyaiました【タラソテラピーのお話「フランスでは100年も前から」】
HIDEYOです。今日は「タラソテラピーの始まり」のお話。海水と生命・健康の関係について知るには100年も前にフランスで「免疫治療法」を世界に先駆けて実践した一人のフランス人、生理・生物学者の存在に触れないわけにはいきません。その名は「ルネ・カントン」カントン?... …
2012/06/02 02:56 まとめwoネタ速neo